【しばたのイチジク】

新発田市五十公野地区では、明治期から日本イチジク「蓬莱柿」の栽培が行われ、県内でも有数の産地として知られる。
最盛期にくらべて減っているものの、五十公野果樹組合には現在も40軒ほどのいちじく栽培農家が加入している。

果樹栽培の父、白勢和一郎 
日本にイチジクが伝わったのは、江戸時代。新潟県では、1881(明 治14)年、白山浦(現・新潟市)で栽培が始められた記録が残っている。 その翌年の1882(明治15)年、新発田の豪商、白勢家の11代目当主、白勢和一郎が新発田町朝日町に果樹園を開設。1898(明治31) 年には五十公野村山王に移転し、リンゴや洋ナシ、サクランボなどの栽培を始めたといわれる。 和一郎は、イギリスやフランスに留学して果樹栽培を学び、苗木を持ち帰ったが、果樹園には見学者が絶えなかったという。庭に果物の木を植えても家族で食べるだけだった時代に、美味しい果物を栽培して販売し、利益を得るという発想は、農民たちの意識を大きく変え、 イチジクの栽培が広まるきっかけの一つともなったようだ。 

新発田の特産「蓬莱柿」


 五十公野の山王地区でサクランボやイチジクを栽培するアサカ農園の淺香隆さんは、「山王地区は果樹栽培に適した土地柄なんですよ」と話す。山王地区には、昔、加治川が流れていて、洪水も頻繁に起こり、川の両岸には砂や泥が体積していった。その後、川の位置は移動したが、土手は残り、その高台が畑や宅地になっているのだという。「自然堤防と呼ばれる地形ですが、水はけが良いので果物栽培に適し ているんですよ」 義父の幸作さんとともに農園を営む隆さん。 現在は100本弱の蓬莱柿を栽培している。「終 戦後、稲作も機械化が進み、時間に余裕が生まれてイチジクなどの栽培が盛んになった。日東缶詰(現・日東アリマン)でイチジクの缶詰を製造していた頃は、五十公野の農家のほとんどがイチジクを作っていたものです」と幸作さんも昔を振り返る。「五十公野の蓬莱柿は、新発田が誇る特産品の一つ。味はどこにも負けません。大切に守り続けて、後世に伝えていきたいですね」 

西洋イチジク栽培への挑戦も

新発田市菅谷地区にある高橋農園では、養液を使った西洋イチジクのコンテナ栽培を試験的に始めている。農園の高橋健太さんは、「まだあまり知られていない西洋イチジクの美味しさをもっと知ってほしい」と、フランス原産の「ビオレ・ソリエス」と「バナーネ」、ギリシャ原産の 「ロードス」の苗をコンテナに植え、ハウスの中で 培養液を使って栽培する。「西洋イチジクは、ほど良い甘みとさっぱりした風味が特徴。生でそのまま食べるのがいちばん美味しいですね」 培養液を使ったコンテナ栽培は、挿し木をし た年から収穫することが可能になり、株枯病の発生やカミキリムシによる被害も抑えられるのだという。「初めての試みなのでわからない ことも多く、試行錯誤を重ねています。養液の 濃度があまり高いと甘みが少なくなってしまうんですよ」と苦労を語る。今年は125コンテナ、 およそ370本を栽培し、市内のスーパーや直売所での販売も予定している。 

 50年前にはイチジク缶詰の生産も  

1961(昭和36)年、山形県から日東缶詰(現・日東アリマン)が進出。地元の蓬莱柿を使ってイチジクのシロップ漬け缶詰の生産を始めた。日東アリマンの吉原堅道会長は、「五十公野に工場を建てたのは、すぐれたサクランボ産地として知られていたため。ここでサクランボの缶詰を生産する予定だったのですが、折悪しく、第2室戸台風で桜の木はすべて倒されてダメになってしまい、途方に暮れるなか、地元で採れるイチジクを使って缶詰を作ってみたのが始まりでした」と話す。 

 イチジクの缶詰は需要が多く、特に関西地方でよく売れたのだという。 日東缶詰でイチジクの缶詰を生産していたのは、1962(昭和37)年から1967 (昭和42)年までの5年ほどで、その後は 「とり釜めしの素」をはじめとするレトルト食品などの生産に舵を切った。生産農家は直接市場やスーパーに出荷するようになり、市内の多くの菓子店で蓬莱柿を使った和洋菓子も製造・販売されるな ど、蓬莱柿は今も新発田の人々に愛され続けている。

新発田五十公野地区の生産者

イチジク豆知識

世界最古の果物といわれるイチジク
ギリシャ神話や旧約聖書にも登場するイチジクは、「世界最古のフルーツ」といわれています。 乾燥させた果実や葉は生薬として使われ、古代ローマでは「不老長寿の果物」とも呼ばれました。 

栄養もたっぷり!
たくさんの栄養がギュッと凝縮されているイチジク。特に、水溶性の食物繊維、ペクチンを多く含み、便秘に効果的。また、カルシウムや鉄分など血や骨の素となるミネラルやカリウムも豊富。フィシンなどの酵素のはたらきで、食後に食べると消化を促進し、飲酒後に食べると二日酔いになりにくいとも言われています。